心霊オコズカイ稼ぎ人生
私が体験したこと、不思議な出来事などを書いていきます。 あとおこずかい稼ぎと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意味深

FC2 Blog Ranking

これは、高校の友達が実際にやったアルバイトです。

一言でいうと運び屋のお仕事。

とあるおっさんにスーツケースを渡されて、指定の場所に運ぶだけで
10万円というあやしさ満開のお仕事。

そのおっさんが友達に言ったことが「絶対に開けるな」
これだけで大体想像つきますね。

よく考えたら、リスク多すぎです。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
モルモット

FC2 Blog Ranking

裏のアルバイトで、モルモットになるという素晴らしいお仕事が
あるみたい。
要は、新開発のお薬をニンゲンの体で試そうというのが目的。

報酬はもちろん高額(高いもので30万)という噂です。

勇気のある人にはオススメです。

ちゃんとやる前に、筋トレでもして体鍛えておきましょう。
きっとヤクに立ちます。

FC2 Blog Ranking
少し方向性を変えてみました。

FC2 Blog Ranking


ホラーと金稼ぎをミックスした。
キョウフのお金稼ぎになるのか、その辺は分かりません。

ただカタカナばかりのキャラクターをどこでやめるかについて
悩んでいたのでこれで安心して年を越せる。

よろしくね。


FC2 Blog Ranking
事故

FC2 Blog Ranking

昔、元検死官の暴露本で読んだんだけどね

父娘2人が乗った乗用車が車線から
飛び出して、大木に激突
車グシャグシャ2人とも即死という事故でね
遺体は非道い状態なんだけど、それにしても
父親のチンコが無くなってて見つからない


そしたら検死の時に娘(小学生)の口の中から出てきた
どうやら運転しながら、しゃぶらせてて
そのせいで事故って、さらに事故のショックで
食いちぎってしまったんだろうと…

ただ、本人達死んじゃってるし
報告書に書きようが無いので
奥さんにも知らせずに単純に
不注意の事故として処理したそうです

FC2 Blog Ranking

FC2 Blog Ranking



ある地方都市の、螺旋の通路を持つ10階建ての立体駐車場。
テレクラで知り合った男女が、飲み屋の帰り道、車を出そうと、
男は車の後ろにまわり、女は運転席でハンドルを握った。
少し酔いすぎた女は、ちょっとだけアクセルを踏みすぎた。
しかも、ギアをバックに入れ違えて。
車止めを乗り越える勢いでバックした車の下で、哀れ男は
虫の息。
慌てた女は今度こそ前にギアを切り替えてアクセルを踏んだ。
窓から顔をだし、後ろを気にしながら。
でも、やっぱり今度もちょっとだけ強くアクセルを踏みすぎた。
車止めを逆に乗り越え、勢いよく前に飛び出した車は螺旋の
通路の湾曲した壁に向かって突進する。
女の頭を窓から出したまま・・
車は壁に沿うように接触しフェンダーからドア、そして・・・・
グシャ・・潰れる頭、それでも女の足はアクセルを踏みつづける。
回転しつづけるタイヤ・・・・・

消防車が駆けつけた時には、駆動輪のタイヤは摩滅してなくなり、
火事かと見まごう程に煙が立ち上がり、悪臭が立ち込めていた
そうです。最初の通報は「火事」だったとか。

流れ出た大量の血は、川のように通路を伝い、下の階まで赤く
濡らしていたそうです。

FC2 Blog Ranking

凍る

FC2 Blog Ranking


人間の体は、70%以上が水分で出来ている。
ちなみに中身の入ったビール瓶を冷凍庫に入れると、まあ一時間後には、
物の見事に破裂している。液体は凍ると膨張し、物体は凍ると柔軟性を失う。
要するに、今の技術で人間を冷凍しても、その段階で「壊れてしまう」訳だ。

ちなみに患者を冷凍保存して未来の進化した医療に賭けると言う治療?がある。
高名な学者や病院がそれを薦め、国も「治療」と言う事で黙認していて、既に、
数百人、いや噂では数千人が余命幾ばくもない状態から「冷凍保存された」らしい。
ちなみにコレは「治療」とされている。しかし冷凍庫に入れたビール瓶は必ず割れる。
冷凍保存された人々は、それを知らずに、冷凍庫の中で眠っている。


FC2 Blog Ranking
ファミマ
コンビニってすごく便利。

こんなじかんだけど

コンビニ店員の体験談

いつものように、仕事をしていると、酔っ払ったおっさん

がナマタマゴをもってレジに、、、

しかしそのおっさんは、あろうことかその場で封を開け始め

「たまに生まれる事もあるんだぞ」
と言って彼にナマタマゴを投げつけてきました。

するとたまごが割れて飛び散ると思いきや、

彼の目の前で、そのおっさんごと消えていたんだって。

疲れているのかなと思いながら家に帰ると、

親から電話が、、、
「あんたに妹ができたよ」
当たった。

FC2 Blog Ranking


ダンプカーに4回当たった。

いやー、、、痛いね。


FC2 Blog Ranking

FC2 Blog Ranking


高校受験の時、問題を一通り解いたので足を伸ばして伸びをしようとした。
すると足の裏に『ぐにょ』っと柔らかいものが当たった。
「?」不思議に思い、何度も踏んでみた。やっぱり柔らかい。


前の席の子のカバンだろうかと思ったが、唐突にダンゴムシのようにうずくまる
男の姿が脳裏に浮かんだので、ぞっとして足を離した。
試験時間が終わり、机の下を覗いたが何もなかった。

FC2 Blog Ranking
オッちゃん
オヤジがガキのころチャリで道走ってたら、車道はさんで向こうにあるプラモ屋の前に店長のおちゃんが立ってたから
「おっちゃん!また買いに行くから」
って手を振ったら振り返してくれたんだって。
でもねあとでよくよく思い出してみたらおっちゃん一週間前に死んでたんだわ
ものすごい嘘つき男

FC2 Blog Ranking



適当な嘘をついて長者から金を巻き上げる
怒った長者、男を俵の中に押し込め池へ投げ捨てる事に
偶然通りがかり俵につまづく盲人
俵に入って池に入水すれば目明きになると騙して入れ替わる男
謝礼金も巻き上げる
その後、準備ができた長者達、俵を池へ・・・

池の中で金を見つけることができた、と感謝しに行く男
また信じた長者、池へ・・・
嘘つき男、長者の身代乗っ取って万歳

FC2 Blog Ranking
チェーンメール

FC2 Blog Ranking

番外編だ。

もし、全世界が100人の村だったなら…。


50人が女性です。48人が男性です。
2人は、歌舞伎町に出入りするたびに変わります。


89人が異性愛者で、11人が同性愛者、そして3人が両刀です。


30人がSMに少しだけ興味があります。
70人は、すでに行っています。


40人がdocomo、35人がJフォン、24人がKDDI、1人がモールス信号です。


10人が、「萌え」でgoogle検索したことがあります。


目が覚めたら12人の妹ができている、ということを願っているのは、少なくとも12人以上います。


40人が、「お前たちはいいねぇ、毎日がエブリデイで」のネタを今日も聞かされています。


75人が、「もういいよMrマリック」と思っています。


3人が、セガの湯川専務の行方を気にしています。


7人が、レイクエンジェルの「ク」の人だけラクすぎると思っています。


13人がモーニング娘。です。


30人が、今週のハンターハンターは休載すると思っています。


80人が、ロッテリアの『毎日半額』に、おとなげなさを感じています。


90人が、江頭の動きに挑戦したことがあります。


100人が、クイズ100人に聞きましたに出されます。



また、次のような視点からもじっくり考えてみましょう。
もしあなたがしつこく苦しめられることや、逮捕などの恐怖を感じることがないのなら。

少なくともノゾキで捕まったあの一人よりも恵まれています。


もし銀行に預金があり、お財布にお金があり、家のどこかに小銭が入った入れ物があったなら。

ビルゲイツほどではないにしろ恵まれています。



誰も見ていないかのごとく、自由に踊りましょう。
(必ず影で誰かが見ています)

誰も聞いていなくても、のびやかに歌いましょう。
(ジャイアンにはできません)



世界が100人の村であることは、とっても幸せなことなのです。

もし万が一、世界が100人の野村だったら。
98人が脱税で捕まり、1人が巻き添えで監督を辞め、1人が身内を裏切るでしょう。


もし世界が100人の三村だったら。
99人が突っ込み、1人がワンパターンな芸風に自己嫌悪を覚えるでしょう。


あなたもここが地上の天国であるかのように生きていきましょう。


アシタモ、ガンバロウ

FC2 Blog Ranking
目撃

FC2 Blog Ranking

見てしまった。
ここで書いていいような事なのか分かりませんが
書いてしまおう。

昨日の出来事

私は「初心者用の呪いセット」を万引きするために

ある秘密のお店に向かっていた。

その途中、カラオケ店の前を通り過ぎる時、そのカラオケ店から
不気味な音が聞こえてきた。

音が不気味というよりはエコーの掛かり具合がおかしい。
耳を澄ませば、それが歌声であることにキズイタ。









「オーッレーはジャイアアアンンン、ガガアッキダイッショウショウショウ」


FC2 Blog Ranking
しゅくだい

FC2 Blog Ranking



きょうせんせいがしのしゅくだいをだしました。

みんないやだいやだといいました。

ぼくはしのしゅくだいがあまりとくいではないです。

せんせい、しのしゅくだいをだすのはやめてください。

まあそんなに怖がらず。
詩の宿題だから

FC2 Blog Ranking
だるまさんがころんだ

FC2 Blog Ranking

とあるウワサ

水がある所に霊はたまりやすい。
お風呂場もそうだ。
髪を洗っている時に、絶対に口にしてはいけない言葉がある。
頭で考えてもダメ。
「だるまさんがころんだ」
座って髪を洗っている姿が似ているためらしい。

実際に試してみた。

何とも無い。
ウワサなんてそんなものだ。

ただお風呂上がったあとタオルがびしょびしょに塗れていた。
体の水分を吸い取ってくれないほどに。

FC2 Blog Ranking
離脱

FC2 Blog Ranking


今日、幽体離脱して遊んでたら知らないババアに殴られた。
しかも、肉体に戻って目を覚ますと、同じところに大きなアザが出来てた。

現実の世界と幽体離脱の中の世界って、全く別のもんなのに
なんでこんな事が起きたんだろう。
そもそも、幽体離脱中の世界に、知らない人が出てくるのはおかしくないか?


FC2 Blog Ranking
保険

FC2 Blog Ranking

昔、テレビでやってたアメリカでの話。実話らしい。

旦那が速記の仕事してる若い夫婦。
子供が出来、家も買い、幸せに包まれていたが夫が交通事故で死亡。
残されたのは幼い子供と家を買った莫大な借金。毎日途方に暮れる妻。


家を売ることも考えたが短くも夫との思い出の詰まった物なので売りたくは無かった。
しかしこのままでは生活が出来ない為、売ることを決意したその時ふと子供を見ると
なにやら文字らしき物を書いている。もちろん文字が書ける歳ではない。


どこかで見たような文字に、ふと夫の仕事仲間であった人にそれを見せると
なんと速記文字だと言う。内容はある銀行名と数字。
その銀行に問い合わせるとなんと生前夫が妻に内緒で貸し金庫を持っていたのだった。


その貸し金庫を開けてみると一通の手紙と1万ドルの現金と生命保険の証書。
手紙には「愛している妻と子へ
僕に何かのことがあったときの為生命保険に入っておいた。
これを読んでいると言うことは僕はすでにこの世にいないかもしれないが
二人で幸せに生きるんだよ」と。

FC2 Blog Ranking

FC2 Blog Ranking


小さい頃、凄く怖い夢を見た。
それは肩から下が無い女の人がいて、俺が其の周りをぐるぐる回っている夢だ。
途中、物凄く喉が渇いたので、俺は目が醒めて台所に行って水を飲みに行こうとした。

すると、真っ暗な台所に、さっき夢で見た、肩から下が無い女がいる(正確には”置いてある”)のだ。
その女は口を開けっぱなしにしながらグロテスクに手を伸ばす仕草をしてた。
俺は勇気をふりしぼり、震える手で電気を点けた。
台所を見ると、女の姿はどこにも無かった。。。


今でもアレは幻覚だったのか現実だったのかよく分かりません。
そんなに怖くなくてスマソ。
でも当時の俺には死ぬほど怖かった・・・。

FC2 Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

実体験なんだが、中学の夏に林間学校っていうのかな、学年全体で山の宿泊施設で散策したり
自炊したりする行事があった。

最後の夜、暑さと蚊の羽音とで寝苦しく目が覚めた。
6人の班で一つの部屋に寝ていたのだけど、他の人はぐっすり眠ってる。
とにかく蚊がうっとおしくて眠れず、トイレにいった。
小便をすまし、手を洗おうと鏡を見て絶句した。
顔が半端じゃなくボコボコに腫れ上がってお岩さんのようになっていた。
半泣きで必死に顔を洗い、鏡を見ないようにして部屋に逃げ帰って毛布にもぐりこんだ。
こんな顔誰にも見せられない、朝が来るのが怖くて眠れなかった。

朝が来たが、いつのまにか寝てたようだ。しかし誰も顔のことを言わなかった。
恐る恐る鏡を見てみたら、なんともなっていなかった。

自分ひとりだけ、しかも顔だけを大量に蚊に刺され、すぐ腫れが引いたのだろうか。
腑に落ちない。夢でないことは確かなんだが・・・。

FC2 Blog Ranking

FC2 Blog Ranking

知り合いの女が原チャリで893の車に突っ込んだ。

893の顔見た途端、ものすごい絶望感に襲われたその子(ジャイコ似)は
ボオボオ泣いてしまったそうだ。
そしたら、「どうしてくれんだぁ?ゴルァ!!」と威嚇してた893が
「お・・・おい、そこまで泣くな!」と慰めてくれ、
その子がお詫びに差し出したパンを「半分こしよっか?ねえちゃん」・・・・。
道ッパタで二人でパンを食べながら、1時間程身の上話をしたんだと。
「何かあったら俺に連絡してくれりゃあ、助けてやるからなっ!」
・・・・・・・・・。

893をびびらせ服従させた、その子が怖い。
どんな泣き顔だったんだよ・・・・・・。

FC2 Blog Ranking
ちょっといい話

FC2 Blog Ranking

先輩の知り合いの女性のお話


会社から家に帰っている途中、運悪くチンピラに絡まれた。
そばにとめてあったワゴン車に引きずり込まれそうになったとき、
「止めなさい!」と30ぐらいのサラリーマンが割って入り危うく助かった。

御礼を言ったら、「気をつけて帰るんだぞ」とにっこり笑って立ち去っていった
そのサラリーマン。 どこかで見たようなことがあるな、と思ってうちへ
帰って気が付いた。

半年前に亡くなった父親の若いころの写真にそっくり。
そういえば、普通だったら「気をつけて帰ってください」と言うだろうに、
いかにも父親が言いそうだった「気をつけて帰るんだぞ」の言葉。

あれは絶対父が助けてくれたのだ、と彼女は信じている。

FC2 Blog Ranking
北海道



3年くらい前の話
その頃俺は北海道に住んでいた
旭川に住む友達に会うため地元の友達3人と車で向かった
旭川までは大体片道3時間くらいかかる
行きは何事もなく旭川で久しぶりに会った友達と楽しく過ごした

そして帰り道
地元に向かって40分くらいたった頃
運転している友達がいきなり「あれっ!?」と叫んだ
何故か景色を見ながら焦ってる

自分も車の外を見るとそこは見慣れた地元だった
どう考えても40分で地元に着くのは不可能
全員車を降りて外を確認したが俺の家の近所だった
みんなこえーよとか言いながらかなり混乱したが結局「時間得しちゃったね」ってことになり家に車を置いて飲みに行った





FC2 Blog Ranking


高校生の時。居間で勉強していたら眠気がきて、
鉛筆を持ったままうつらうつらしていた。
はっと目が覚めて、ノートを見て凍り付いた。

丸文字の自分の字じゃない、きちんとした字で
地名かなにか、それも日本の字じゃないような、読めない漢字が書いてあった。

その時家にいたのは、僕一人。
誰が書いたのだろうか?

FC2 Blog Ranking
コンビニ

FC2 Blog Ranking


トモダチがコンビニ店員してるんですけど、よく浮浪者っぽいひとが
鬼殺し買っていってたんだよね。 (お酒です。)

店長がすごく嫌っててね。「あいつに売らんでええていうとるやろ!!!」って
怒るぐらいに。
あるとき買って外で鬼殺し飲んだ後道に飛び出して
車にはねられたんだと。なんと死亡してしまった。

店長は「あいつ引かれおった!死亡やて!」とか両手挙げて喜んでたんだけどさ、
そのひとヤの字の組長さんだったんだとさ…
引いちゃった人とか店長とか色々考えると怖いわ。

FC2 Blog Ranking

Copyright © 2005 心霊オコズカイ稼ぎ人生. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。