心霊オコズカイ稼ぎ人生
私が体験したこと、不思議な出来事などを書いていきます。 あとおこずかい稼ぎと。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノコギリ引き
受刑者を長時間かけてのこぎりで斬首する刑罰。

苦痛を増大させるために木製ののこぎりなど用いられたケースもある

江戸時代には、罪人を埋めてその横にのこぎりを置き

通行人はいつでもノコギリを引く事が許可されていた。



FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
栃木リンチ殺人事件
1999年に栃木県で発覚した拉致監禁・恐喝暴行・強盗殺人・死体遺棄事件である。

 被害者は当時19歳、日産自動車社員の須藤正和さん。
犯人はいずれも当時19歳の藤原勝、植村隆宏、松下将樹(いずれも仮名)。後に東京の高校生D(当時16歳)が加わっていた。

1999年9月29日、被害者を拉致し身柄を拘束。以後、2か月以上ものあいだ犯人たちは連日にわたって凄惨な暴行を加えながら、総額620万円以上(金利を含めないで)をサラ金や両親・友人から借りさせ強奪していた。

 連日にわたる暴行は手加減なしの殴る蹴るのほか、「熱湯コマーシャル」と称して熱湯を全身に浴びせる、噴霧剤を使って火炎を浴びせるなどが繰り返され、被害者は全身の80%に重度(三度)の熱傷を受けていた。

 11月30日、いつものように金の無心の電話を被害者にかけさせたところ、電話口に出た男が「警察だ」と名乗り、警察が動いていることを知った藤原が被害者の殺害を決意したという
人違いバラバラ殺人事件
1954年9月5日夜、古屋栄雄ふるやひでお当時29歳は、偶然見かけた「自分を振った女」
を絞殺したあと、ジャックナイフとボンナイフで死体をバラバラにして肥溜めに投げ捨てた。

ところが事件から1日してから古屋は自分が殺した女が「自分を振った女ではなく」、
木村江利子(仮名/19歳)という別人であることを新聞記事で知る。

古屋は事件から74日目に逮捕された。「あれは人違いだった」と供述するが
最初は誰も信じなかった。後日警察の調べで人違いであることが判明。
古屋は殺人、死体遺棄、死体損壊の容疑で起訴された。

メスを使わない「プチ整形」あなたも二重まぶたにしませんか?
吸血鬼のモデル
 吸血鬼に襲われたものが吸血鬼になるという伝染性は、疫病がその原因であったと考えられないだろうか。青白く生気のない肌、血にまみれた歯茎、充血した目、黒い斑点、そして精神的錯乱を引き起こすといえば、中世に大流行したペスト(黒死病)の症状が思い起こされる。同時に大発生したネズミやコウモリの大群もツジツマがあうのではないだろうか。おそろしい伝染病であるがゆえに、小さな村で発病したものがあれば、伝染を防ぐために屍体を焼き尽くして灰にするしか手だてはなかったというが、これも吸血鬼退治法と似ていないでもない。

Copyright © 2005 心霊オコズカイ稼ぎ人生. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。